事業主の方PC画像
事業主の方SP画像
/images/information-icon/icon-jigyosyu.png

県では、人材の採用に課題を抱える県内企業に対して、採用力向上支援員が採用力向上に向けた伴走型支援を実施しています。
企業の皆様との対話をもとに、職場環境や採用活動の課題を整理し、情報発信や活動内容の見直し等により採用力強化のお手伝いをいたします。
また、県では、県内企業に就職した若手職員の定着促進に向けた支援にも取り組んでいます。

NEWS
お知らせ
    お知らせ内容がまだ投稿されていません。

採用力向上支援事業

コロナ禍で事業縮小により雇用の維持が難しくなる企業がある一方、人材確保に課題を抱える企業も多数存在し、雇用のミスマッチの解消が課題となっています。
企業の採用力向上のためには、魅力ある職場づくりを推進するとともに、その魅力について効果的な発信を行うことが重要です。県では、採用力向上支援員を配置し、県内中小企業を対象に採用力(企業の魅力と伝える力)向上の伴走支援を行っています。

【支援対象】
長崎県内の事業所で正規従業員の求人を行う中小企業者
(※詳細は、県雇用労働政策課までお問い合わせください。)
採用力向上支援事業のフロー
採用力向上支援事業のフロースマホ版

就職氷河期世代の採用支援

県では、県内企業が就職氷河期世代の方々の積極的な採用と育成を行っていただけるよう、国(労働局)が行う各種助成制度の紹介や就職氷河期世代の活躍を応援いただいている企業のPR等を行っています。

新時代の若手人材定着・育成促進事業

長崎労働局公表資料によると、本県の新規学卒者の入社3年以内離職率は、全国平均よりも高い数値で推移しています。
若者の県内就職率は上昇傾向にある中、早期離職の防止は、若者のキャリア形成や県内企業の振興や、人口流出防止といった観点からも大変重要な課題です。
県では、令和3年度から新たに若手人材の定着促進に向けて、各種セミナーの開催や専門アドバイザーの企業への派遣を行っています。(令和4年度の取組みについては、改めてお知らせいたします。)

育成促進事業のイラスト

在籍型出向支援

新型コロナウイルスの影響や労働人口の減少等により働き方が多様化する中、企業活動を維持し発展する上で在籍型出向制度の活用が期待されており、 長崎県では、在籍型出向の活用を考える県内企業を支援するため、専用サイトを設立しました。
本サイトでは、在籍型出向に取り組む上で必要となる各種情報をご案内するとともに、従業員の送り出しを希望する企業と受け入れを希望する企業の情報を一覧により閲覧が可能となります。
また、県内企業からの要請に応じて、県または専門的な知識・ノウハウを有する(公財)産業雇用安定センターのスタッフがマッチング支援を行います。

誰もが働きやすい職場環境づくり実践企業認証制度「Nぴか」

「Nぴか」は、年齢や性別に関係なく誰もが働きやすい職場環境づくりに取組む県内企業を、県が優良企業として認証する制度です。

Nピカのイラスト

県内企業の人材育成を支援する「たのめる講師」

長崎県内企業の皆様のオーダーメイドによる社内研修開催を支援するため、人材育成に関する県内講師「たのめる講師」をリスト化しています。 階層別研修や人事・労務管理、ビジネスマナーなど、さまざまなニーズに対応可能な講師を紹介していますので、ぜひご活用ください(講師派遣は有料です)。

MOVIE
研修動画

【コミュニケーション力向上の基礎】峰下和子氏

【職場活性化活動の勧め】岩永充三氏